食事で予防|男性型脱毛症AGAを見逃さずに発毛対策をする!

手遅れとなる前に事前に薄毛を予防しておこう

食事で予防

男性

アミノ酸を摂取

良質なアミノ酸を摂取することで、毛髪の主成分であるケラチンの合成を助けることができます。日々の食事で、良質なアミノ酸を摂取できるように意識していきましょう。また、植物性たんぱく質がより効果的だと言われています。ナッツ類はビタミンも豊富なので、発毛効果も十分に得られるでしょう。名古屋では豆腐や豆乳などの大豆製品や、かぼちゃの種などが人気です。

ビタミンをたっぷりと

ビタミンは発毛に欠かすことができない要素です。特にビタミンB12やビタミンB6、ビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。ビタミンB12は細胞分裂を助けてくれるので、毛母細胞の分裂をサポートします。また、ビタミンB6はたんぱく質の吸収を助けてくれるでしょう。さらに血管の健康を維持するビタミンCのお陰で、毛根に栄養を届けやすくすることができます。

亜鉛が大切

一般的にケラチンが毛髪の主成分だということが認知されるようになってきています。ですが、たんぱく質をケラチンに変化させるには、亜鉛が必要なのです。亜鉛がなければ、ケラチンを合成することができないでしょう。たんぱく質だけを摂取しても、発毛を促進することができないのです。亜鉛は、サプリメントで摂取するのが楽でしょう。牡蠣や豚レバーにも亜鉛が多く含まれています。

薄毛Q&A

患者数ってどれくらい?

国内では、おおよそ1,260万人程の方がAGAを発症させていると言われています。薄毛を気にしている方は800万人程です。また、発毛対策を施したことがある方については650万人程と考えられています。一般的に考えて、多くの方が薄毛に悩んでいると言えるでしょう。AGAは進行していく病気なので、放っておくと症状が悪化してしまいます。気になる方は、すぐに専門のクリニックに相談してみましょう。

どうやって進行するの?

基本的にAGAの進行については3パターンに分かれます。まず一つ目が生え際から薄くなっていくパターンです。おでこがだんだんと後退していくので、早期発見がしやすいと言えるでしょう。また、頭頂部から薄くなっていくパターンもあります。この場合は、ある程度症状が進行してから気づくことが多いとされているのです。最後が生え際と頭頂部、同時に進行するパターンです。このパターンだと、薄くなる範囲が広いので注意しましょう。

よく行われている治療は?

殆どの場合、内科的治療を行なうことが多いでしょう。AGAの治療としては、最もポピュラーな治療だと言えます。治療薬などを服用して薄毛を改善して行くのです。また、外科的治療も行なわれることがあります。一般的に植毛と呼ばれる方法です。自分の毛髪を薄い部分に植毛してAGAを治療します。最後が整容的対処です。これはかつらなどを被って対処する方法で、技術の発展した現在でも行われている方法と言えるでしょう。また、その他だと発毛効果が期待できるヘッドスパという方法もあります。

海藻が薄毛に良いって本当?

一般的に海藻類が薄毛対策に効果的だと言われていますが、科学的な根拠はありません。ですが、健康状態が毛髪に影響を及ぼす事があります。わかめや昆布などの海藻類に限らず、栄養バランスの取れた食事を取るように心がけましょう。栄養バランスの崩れた食事を摂取し続けていると、AGAの原因となることもあるのです。栄養バランスの良い食事を取り続けることで、毛髪の健康を維持することが可能となるでしょう。